小型・低摺動シリンダ

既存のシリンダとの違い

① 小型であること

JISでは内径35mm以上のシリンダしか規定されていませんが,ロボットではしばしばさらに小型のシリンダが要求されます.H-MUSCLEでは内径20mm~30mmのシリンダも提供します.

② 高「f/m」比を持つこと

fは発生軸力,mはシリンダの自重です.ロボットでは,据え置き型の一般産業機械用以上に高f/m比が求められます.図は一例ですが,当社のシリンダは圧倒的に高い値を有します.(1)35MPa圧による駆動,(2)チタン合金,マグネシウム合金,(3)設計の工夫,がそれを可能にしました.

③ 低摺動であること

図は一例ですが,通常のJISシリンダに比べて格段に小さな作動圧で動作します.低摺動パッキンの採用によるものです.ロボットの精密な動きや力制御にも適すると考えます. 


製品例

原則として,内径は20~50mmに対応します.

ストローク,各種センサ(エンコーダ,圧力センサ),サーボ弁の搭載の有無,材料(鉄,チタン合金,マグネシウム合金)等,種々のオプションがありますので,ご相談ください.